ボトックス注射は美容整形で活用される画期的な治療法

女性

胃を小さくする手術

整形治療

美しいスタイルを保つためには痩せることが一番重要です。細身のスタイルを手に入れることはたくさんの人の憧れでもあります。しかし一度ついてしまった脂肪はダイエットを行ってもなかなか取り除くことはできません。最近では、医療によってダイエットを行える方法があるのです。その代表的な手術が胃バイパス手術です。胃バイパス手術とは、胃を専用の器具で締め付けて強制的に小さくすることで、食欲を減らすという効果のある手術です。肥満で悩む多くの人は、旺盛な食欲に勝てないことが多いです。ダイエットをしようと決意してもついつい食べてしまったり、食欲を抑えることができないために持続することは難しいといえます。しかし、この胃バイパス手術を受けると胃の容量が小さくなるため、自分で意識しなくても食事の入る量が抑えられダイエットが行えるのです。この方法は今までいくら頑張っても自力で痩せることのできなかった人などにも効果の高いものなのです。

兵庫県の神戸市のほうではこのような手術を行っている病院が多くあります。神戸の病院で行われている手術は、腹腔鏡下ルーワイ胃バイパス手術というものです。この手術法は、小腸に小袋と呼ばれる胆汁などの消化液が流れ出るような袋を作ります。この手術を受けると食事を摂っても胃への吸収を悪くするように仕向けます。体内にカロリーを吸収しにくくすることで肥満の原因となる脂肪分を増やすことのない体質を作ることができるのです。神戸の医療機関でこの手術が人気の理由は何といっても高いダイエット効果であるといえます。ルーワイ胃バイパス手術を受けると1年間でおよそ77%の体重を減量することが可能なのです。持続力も抜群で手術を受けてから最大で10年から14年の効果を維持することができると言われています。術後の効果が長く続くこともこの手術の特徴で、ダイエットをしたいと願う人々に選ばれている大きな利点になります。手術で細身の体を手に入れることで、肥満に伴う腰痛や関節痛、高血圧、睡眠時無呼吸症候群などといった合併症も改善することができて健康的な体になれます。神戸の病院では、このような手術を行っているところがたくさんあります。ダイエットをしたいと考えていても、なかなか自分の力では及ばないことも多いでしょう。そういった人たちのために役立つものとして今とても注目を集めているのです。